音楽とともにある日々

音楽とらぁ麺をより楽しむために
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIMEDOMAIN miniのお手軽ボリュームガリ対策

ボリュームの上げ下げでごまかしていた3号スピーカーことTIMEDOMAIN miniのボリュームのガリが本格的にきになるレベルになってきたので、セルフリペアを試してみました。一応自己責任ですが、今回はそんなにむつかしくないですよ!
たくぼんさんの記事を参考にしました。

秋葉原の西川電子で接点復活剤を買ってきております。今回はこれとプラスドライバーでできる手軽な作業です。ボリュームの部分に対し、接点復活剤をぷしゅーってやるだけです。

P1030777

miniは複数のネジ(+)が使われていますから、これを外していきます。中の基板が露出していますが、露出させないと作業ができません。

P1030771

ボリュームスイッチの後ろから接点復活剤を1度だけ吹かします。2度以上吹く必要はありません。1度で十分です。接点復活剤は液体ですから、やりすぎは故障をまねきます。

P1030773

あとは分解時と逆の手順でネジをとめていくだけです。作業中に関心したのはスピーカーユニット及び柱を固定する部分のねじを除き、全てのネジが制振対策とおぼしき細工がされていることでしょう。見た目は決して豪華に見えませんが、整然とした構造だなと感心しました。

本体を元に戻した後は、音楽を聴きながらボリュームの大小をぐいぐいいじるだけです。これだけでボリュームのガリが解消されます。

心なしか、ガリが解消されたからか、左右のバランスがよくなったような気もします。
接点復活剤は580円くらいでしたから、なんとまぁお買い得な修理でした。

んなわけでもともとの場所に戻って早速miniで音楽鑑賞です。18900円という値段の割に小さいスピーカーだなと思われるかもしれませんが、小さくするために費用がかかっているのでございます。miniとlightはセダンとクーペと言われておりますが、どちらも良い音ですね。

lightの方が僕は好きですが、miniの音、こうして聴いてみるとすごく良いです。ヨドバシカメラなどの家電量販店でもminiは聴けますが、多重セレクタ+圧縮音源ではこのスピーカーの良さは発揮できません。

タイムドメインのスピーカーは共通のコンセプトとして「何もたさないし、何も引かない」というものがありますので、圧縮されたものは圧縮された感じをそのままだしてきます。家電量販店で試聴される場合は、せめて非圧縮音源のウォークマンなりipodなりを用意して自分の機器で試されると良いと思います。

P1030779

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。