音楽とともにある日々

音楽とらぁ麺をより楽しむために
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO ProにWindows7を入れてみる

なんとかがんばってWindows8を使っていたわけですが、やっぱりスタート画面が馴染めないし、イベントビューアを見てみると結構無線LANまわりのエラーやVAIO Careのエラーが頻発していることもあって、手持ちのWindows7を使って手動ダウングレードを行いました。

VAIO Updateを使えるところまでもっていけたので備忘録がてら。
※あくまでも自己責任

1. 事前準備
1-1. ドライバーのダウンロード
 こちらのページから該当型番のドライバをダウンロードし、USBメモリに入れておきます。インストール手順もこのサイトにあるので一緒に入れておきます。

1-2. リカバリディスクの作成
 何かトラブルがあった時工場出荷時の状態(=Windows8)に戻せなくなるのを防ぐため必ず作成しておきます。

1-3. Windows7のインストールメディアを用意
 当たり前ですがこれがないとインストールはできません。プリインストールされているOSが8.1 Proならダウングレード権の行使ができますがそれでもメディアとプロダクトキーが必ず必要です。

1-4. Windowsの更新用CDの用意
 別にこの段階で用意する必要はないんですが私の場合ドライバーを入れる前に可能な限り更新プログラムは当てているので・・・。SP+メーカーを使って「HotfixインストールCD」を作成しておきました。VAIO Proの場合工学ドライブがないのでUSBメモリ版を用意したほうが良さそうです。

1-5. UEFIとセキュアブートの解除
 一度電源を切って「ASSIST」ボタンからBIOSの設定画面を表示し、「UEFI」と「セキュアブート」をオフにします。

2. Windows7インストール
 ディスクから起動して普通にインストールを行います。

3. Hotfixの適用
 1-4.で作成したHotfixインストールCDを使って更新プログラムを適用します。(私が持ってるCDはWindows7 ProfessionalですがSPなしバージョンなのでこれでSP1にしています)

4. ドライバーのインストール
 1-1.で用意しておいたドライバーを手順通りにインストールします。

5. VAIO Updateのインストール
 無線LANの設定を済ませたあと、こちらのホームページからインストールを行います。なんか特別な設定がいるのかと思いましたが普通に使えました。インストールされるのは5.xですが7.xにアップグレードされます。

以上でデバイスマネージャーの警告なども全部消えて快適なWindows7ライフが送れます。やっぱり使いやすいですね~8と違って。起動にかかる時間はWindows8の方が早いんですが安定感が全然違う^^;

ちなみにエクスペリエンスインデックススコアはこちら。
エクスペリエンス

無線LANのバージョンは16.xでした。
バージョン

VAIO Updateでは電子マニュアルのアップデートが行われていました。ドライバの更新はないみたいです。
無線LANまわりが不安定なようならまぁインテルの公式ホームページから最新版を試してみるという選択肢もあるかと思います。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。