音楽とともにある日々

音楽とらぁ麺をより楽しむために
MENU

USB電源を買ってみました

iPod touchとモバイルWiMAX(Aterm WM3500R)で外でのインターネット環境を使っていますが、通信を行うのでバッテリーの消耗が激しく、電池切れのリスクを回避すべくモバイル電源を買ってみました。

これまでもソニーのCP-AH2R、三洋のKBC-E1ASを使っていましたが、「充電」に関してはキムラタンのQEC-F20を使っていますので放電に特化してもかまわないから単三電池4本で電源を動かせるやつがほしくなってたので。(前述2機種はいずれも単三乾電池2本です)

そこで買ったのはサンワサプライのBTN-DC2Wというやつです。秋葉館で1780円とeneloop stick boosterより安価です。単三乾電池4本から最大1000mAhの電源にできるものです。筒状の本体の中に2x2で単三電池を収納してスイッチをいれると放電開始となります。

下の写真はWM3500Rを同じく秋葉原で買った400円くらいの巻き取り式MicroUSBケーブルで充電しながら使ってみましたものです。
P1050024.jpg

秋葉原から帰宅して、夕食を食べてお風呂から出るまで約120分ほど、WM3500Rに給電できることを確認しました。途中iPodに給電したりもしましたが特に問題ないようです。2本ずつ出力するより4本ずつ出力している分給電時間が長く、安心度合いが違いますね。

結構良い買い物だったと思います。KBC-E1ASは引退かなー。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。