音楽とともにある日々

音楽とらぁ麺をより楽しむために
MENU

結局基本に立ち返るの巻

P1040123前回の日記からさらに興味が湧いてきて試しにセッティングをかえてみました。こたちゃんさんがビー玉をアクリル板のインシュレーターとしてビー玉を前2後1の三点支持して好結果が得られたため、それの確認をしてました。結果は良好。片側交換して確認する方式で交換した側に音が寄りました。一度アクリル板を通すことで好結果が得られるのかなと思います。

P1040117その音で楽しんでいたのですが、数日後壁に張ってた吸音材が見事に剥がれまして、それを契機にさらに調整しました。右の写真は今日の朝までのセッティングです。しっかりした床に置くというセッティングの基本を発展させたものですが、いかんせんこのセッティングだとルックスが良くない・・・・じゃなくって、床のびびりっぷりがシャギーラグを撤去する前と比較して明らかに大きい。かといってシャギーラグをアクリル板の下にしくとふわふわになってしまいます。また、バッテリーと自作電源ケーブル(rscb0.2sq+鉛玉)の端子交換とあわせていろいろやってみました。

もともとは秋葉原で1個5円で買ったファストン端子250番でしたが、ホームセンターで黄銅のファストン端子にかえてみました。わずかながら音が良くなったと感じるのは接触の安定からか、はてまた黄銅に変えたからかは定かじゃないです。

P1040128P1040126P1040130

スピーカーの設置も大事と思うものの反射音対策やアンプの設置の方を抑える必要があると感じましたのでシャギーラグを再度展開しました。アクリル板は無駄になったのではなく、Dimension09のエンジンYA1とDAコンバーターHRDAC-01及びポータブルDVDプレーヤーDVP-F5の土台にしました。シャギーラグの上に直接置くとふわふわになるので、東急ハンズで売っている真中円錐(真鍮製、1個450円くらい)による三点支持で浮かせました。

P1040139

下からくる音が低減されたおかげで前と同様聴きやすくなった感じです。エンジンも無垢板からアクリル板への交換が良い方向に。YA1の下には10円玉を3枚使いました。直接アクリル板の上に置くと板が傷つくのと、振動吸収のためです。HRDAC-01は付属の足がありますのでそのまま、DVP-F5はダイソーで買ってきたゲルで3点支持(=仮想無支持)にしました。
今回一番の収穫はアンプの下にアクリル板置いてみたら良い結果になったことと、DVDプレーヤーの下にゲルをしいたら若干解像度があがったことかしら。

最終的にこんな感じになりました。吸音材は両面テープの量を増やして再度接合、床に置いていた吸音材は床と壁に斜めになるように立てかけておきました。場所がないから置いたとかではなく、吸音材の低音吸音特性を改善するには吸音材と壁の間に空気層が必要だからです。

あまりいじりたおしていると本来楽しむ音楽が聴けませんから、こんどこそしばらくこれでいきますよ~。ホントはシャギーラグマットも黒にしたいんですけどね~。

P1040138

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。