音楽とともにある日々

音楽とらぁ麺をより楽しむために
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざワイヤレスの世界へ

家庭の事情でスピーカー1本手放すことになりました。なので昔温めていた計画を実行に移してみました。Dimension 09をPC用スピーカーとしても活用するものです。

P1030518

AirMac Expressでございます。ヨドバシで定価購入ですので9800円。もともとMac用に造られていることもあって、Windowsでは初期のセットアップに若干苦戦。といっても僕のセットアップにミスがあっただけで、無線ルーターのSSIDを選択し間違えていたというものです。

つながってしまうと後は楽。いつものiTunesの画面に出力するスピーカーの選択画面が出てきまして、そこからAirMacを選ぶことで無線でAirMac Expressに音声を飛ばすことができます。iTunesでの音楽鑑賞はこれでずいぶんすっきりしました。

iTunes以外の音声を伝送させるためには別のソフトが必要です。Aiirfoil for Windowsという製品を別途ダウンロード購入しました。本日の円相場ですと2200円くらいです。

Airfoilを使うことで指定したアプリケーションの音声をAirMacに飛ばすことができます。下の写真はメインのブラウザであるSleipnirをジャックしています。これでニコニコ動画やYoutubeの音声もAirMacで転送したい放題です。

image

使った限り気になったのは無線故か、再生ボタン押してから実際に音が出るまで0.3~0.5秒程度のタイムラグがあることでしょう。特に気にするほどでもありません。

これでデスクトップがちょっとすっきりできそうです。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。