音楽とともにある日々

音楽とらぁ麺をより楽しむために
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jupity301に軽く手を入れる

今までDimension09のチューニングばっかりやっていましたので、Jupity301のチューニングにも手をかけてみました。もともとは下の写真のように、毛布をかけた机の上に置いただけです。

P1030144

 

レッグウォーマーは足を冷えないようにするアレです。100円ショップで105円で売ってました。通販ショップとかで1000円以上するやつもあることを考えると本当に格安です。

P1030153

 

Marty101と違いJupity301は低音が若干強目です。このバランスを直すために、スピーカー下部に事前にサーモウールを置いておきました。サーモウールはグラスウールと違い、有害な素材は入っていません。手軽に使うことができます。見た目は見てのとおり格好悪くなりますね^^

P1030159 P1030160

 

全景はこんな具合です。ジャックの部分やボリュームの部分はハサミで穴をあけています。

P1030161

 

肝心の音質ですが、化けました。今まで聴いてたJupity301とは明らかに違い、自然な音がスピーカーの存在を消してくれます。もっとはやくからやっとけばよかったと思うくらいです。

バッテリーに変えたときと同じくらいのインパクトはありますねぇ。プラスチックボディのMarty101がこれで音質がかわることを承知していましたが、フルアルミボディのJupity301もまた、変わることを実感できました。あとは制振ゲルシートをJupity301の下に敷きたいですね。
※この前にマジックテープで締め付ける方法も試しましたが、レッグウォーマーかぶせる段階でびりびりいってしまいました。マジックテープ単独の音質改善効果はMarty101の方があるでしょう。

 

間違ったチューンナップではないはずですが、どうでしょう^^

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。