音楽とともにある日々

音楽とらぁ麺をより楽しむために
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PlaymemoriesからGoogleフォトに乗り換えました

写真のクラウドサービスについてです。

これまではソニーの「Playmemories Online」を使っていたのですが、パソコンとの同期ができない状態が長く続いていることもあり、別のサービスに乗り換えることにしました。

1.概要
これまでPlaymemories Onlineを使っていたメリットとしては
  1. ソニーのアルバムアプリから自動で同期されて(いた)
  2. フルHDであれば容量無制限
  3. ソニー製デジタルカメラと相性が良い
あたりだったのですが、デメリットとしてこれまでも何度かあったのですが、障害があったとき、復旧するまで数日かかるというものがあります。
2017/2/23から現在まで障害は継続中

障害を出すな、ということはないのですが、1週間使えないとかになるといくらソニー好きでもちょっと無理だなぁと・・・

候補に入れていたのは以下の3つ。
  1. Microsoft OneDrive:Windows10標準インストール。親和性が高い。容量無制限ではない。
  2. Google Photo:Android標準。Googleとの親和性が高い。フルHDなら無制限。
  3. Amazon Photo:サイズ問わずで容量無制限(要Prime会員)。

2.Google Photoに乗り換えよう
迷った結果、Google Photoを選ぶことにしました。
使い方は簡単で、スマホの設定で「バックアップと同期」でバックアップ対象にするだけ。
Screenshot_20170304-081855 (1)

これで写真がGoogle Photoにアップロードされるようになりました。
ついでに「Google ドライブ」も設定を有効にしました。
Screenshot_20170304-081916 (1) 

これでGoogleフォトとスマホの同期ができるようになりました。
続けて、Playmemories Onlineの写真をダウンロードします。
ソニー公式ホームページからダウンロードツールをダウンロードします。
ツールの使い方についてはツールを起動してツール上でSENアカウントでサインインするだけですので割愛^^;

続けて、回収した写真群をGoogleフォトにバックアップしちゃいましょう。
Googleのホームページからダウンロードします。
Googleアカウントにサインインをした後、バックアップ元のフォルダを指定します。後は放置プレーで大丈夫。

3.Googleドライブの設定を変更しよう
Googleドライブにアクセスして、Googleフォトフォルダを見えるようにしておきます。
db9302cf5f5c609d430ede9af7459b4a.png 
あとはPC版Googleドライブをダウンロードしてインストール。
これでPCとGoogleフォトが同期することができるようになりました。

4.使ってみた感想
GoogleフォトとGoogleドライブの違いがちょっとわかりにくかったのですが、これは使い勝手が良いですね。Googleドライブはファイル(文書とか)をクラウドサービスに格納するものですが、フォトは写真専用なんです。連携するように設定することで使えるみたいです。

カメラ(QX1, RX100M3)で写真を撮ってスマホに転送。スマホに転送することでクラウドサービスに写真があがり、家に戻ってきたら写真とPCが同期される。凄く楽なんですよねこれ。

一度使うとやみつきになると思います。
ソニーのサービスはもうちょい障害に対して真摯に対応してほしかったな。

スポンサーサイト

沖縄行ってきた

毎年?ながら沖縄へ行ってきました。去年は石垣島だけど今年は本島!

会社持ちでザ・ブセナテラスです(・∀・)
DSC01083.jpg 

吹き抜けの開放感が凄い。
DSC01082.jpg 

ホテルには3人部屋で鍵は一つ。早々に水族館へ。沖縄では定番みたい。
ジンベイザメを生ではじめてみたけど、やっぱりでっかいね。迫力が・・・^^;
DSC01086_20161031213537a5a.jpg 

もちろん普通のお魚もいるけど、ジンベイザメがすごすぎる・・・
DSC01089.jpg 

んで、初日はちゃんや~というお店で食べました。
結構駐車場から歩いたけど・・・焼肉は美味いね~
PICT_20161027_180045.jpg 

ただ、ここで時間を使いすぎて初日は大浴場を使うことができず・・・
部屋風呂をして初日を終えました。




復刻版カレーライス 御茶ノ水、大勝軒@御茶ノ水

期間限定の復刻メニューは山岸マスターのレシピよりカレーライスだそうです。
普段は土日祝日はラーメンがデフォルトなのですが、マスターに敬意を表して今回はカレーに。

復刻版カレーライス 770円
PICT_20160904_130515.jpg

付属品はこれ。
PICT_20160904_130422.jpg 

味は横須賀とかの海軍カレーに近いかも。辛さはかなり控えめで、万人向けの食べやすさを持った昔ながらのカレーといったところ。なのですがコクはあるね。もちろん甘辛酸の大勝軒のつけだれとは違うけど、ベースに大勝軒のスープも使われているそう。

770円なら私は特製もりそばにするけど、たまに食べるのは悪くないね。



DMM.mobileにMNPしました

一昨年の12月にauからOCNモバイルoneにMNPしましたが、今回DMM.mobileにMNP。

OCNを離れた理由はこんな感じ。
  1. お昼休みの速度低下が200kを下回ることがある
  2. メリットとなっているWi-Fiスポットも自分の生活圏ではあまり縁がない
  3. 10GBでは多すぎるし、5GBでは足りない
  4. IP電話(050 Plus)が実用不可能なレベルの音質(遅延もある)

一方でDMM.mobileを選んだのはこんな感じ。
  1. 実効速度で評判が良い(IIJ系は大抵そうみたいですね)
  2. 「7GB」が選べる
  3. 使うかどうかわからないけど、通信料の10%がDMMポイントでバックされる
  4. 通話料半額アプリが標準で付属している(OCNにはなかったので楽天でんわと契約してました)
  5. どの容量にしても料金が比較的他社より安いことが多い

ざっくりな流れはこんな感じでいきました。
  1. amazonでパッケージを購入(公式で申し込むより2000円以上お得です)
     → 翌日には届きました
       DSC_0247.jpg
  2. 移転元のキャリア(私の場合はOCNモバイルone)でMNP予約番号を取得
     → OCNの場合、MNP予約番号の発行に3日程度かかるようです
  3. DMMの公式ページで申し込み
  4. DMMから書類が届くので、書類にしたがって手続き
  5. DMMの公式ページで「切り替え」ボタンを押す

店舗を持たないオンラインでの切り替えだったけど思ったよりスムーズ。
通信速度は満足行くもので、OCNよりはあらゆる時間帯で速い^^;

しばらくはこれでいこうと思いまっする。

ローストビーフ丼 ローストビーフ大野@渋谷

秋葉原でいっつも並んでるお店が渋谷にオープン?

普段はラーメンばかり食べてるけどたまにはということで。
夕方5時前という微妙な時間ということもあり、列もなくすんなり入れた。

メニューは単純で和牛ローストビーフ丼かローストビーフ丼の2通り。
割りきったメニューですね。
PICT_20160528_180304.jpg 

ローストビーフ丼定食 1000円
PICT_20160528_180438.jpg 

ご飯大盛りは無料だったので大盛りに。盛り付け綺麗ですな~。
肉が結構な量でご飯を隠すように盛りつけてある。ご飯の上には卵とマヨネーズ。
薬味は山わさびとチーズでした。
PICT_20160528_180458.jpg 

肉は比較的あっさり目で油っこくはない。食べて見ると意外とヘルシーなのかも。
ご飯にはタレが程よくかかってて普通に旨い。

これで1,000円ならコストパフォーマンスは良好といっていいんじゃないかな。
PICT_20160528_181242.jpg 

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。